写真の力

交際クラブは、男性にとって大人のお遊びと表現されることも多い出会いの場です。
限られた富裕層の殿方でなければ、入会することも厳しく、さらに楽しさだけを味わえるとなると、より限られたVIPな男性でなければ不可能に近いかもしれません。
このような背景から、男性の会員数は女性の会員数よりも下回ってしまうことは、想像に難くありません。
交際クラブに登録している女性中には、お誘いが入らないと嘆いている方もいらっしゃるかもしれませんね。

では、お誘いが入る女性と入らない女性とで、どのような違いがあるのでしょうか。
その最たる理由は、女性本人のやる気の有無に相違ありません。

近年、若い女性を中心に、まるで都市伝説のようにつぶやかれている「パパ活」というワード。
SNSなどを中心に、パパからもたらされた恩恵や戦利品を自慢するパパ活女子の投稿を見て、誰もが「自分もこんな風に贅沢をして生きていきたいなあ」と夢見ることでしょう。

しかし、そこで行動力を振り絞って、交際クラブに登録しただけで、何の努力もしていないようであれば、良くて1,2回お誘いがあるだけで終わってしまうことでしょう(むしろ、1件でもお誘いがあれば良い方でしょう。)。
数多の女性会員の中から男性の寵愛を勝ち取るためには、ただ登録するだけではなく更なる努力が必要なのです。

では、どうすれば一人でも多くの男性からお誘いをいただけるようになるのでしょうか。
最も手っ取り早い方法は、魅力的なお写真を用意することです。
写真が与えるインパクトは、事細かに貴女のことを記したプロフィールが脇にあったとしても、それをはるかに上回るほどの説得力があります。
早い話が、貴女そのものが一目でわかるからです。
以上のことから、ただ写真を撮り直すだけではなく、貴女の魅力が伝わってくるようなお写真が必要になるのです。

どの交際クラブでも登録の際、紹介用の写真を撮影しますが、最初に撮影した写真が必ずしも男性の目に留まるとは限りません。
そしてその写真が女性の良さを必ずしも引き出せているとは言い切れません。
ただ、間違いようのない事実は男性が女性のお写真を見て、お誘いする相手を選ぶということです。
といったことから、お誘いが入る女性は、このお写真をこまめに変えています。
むしろお誘いが入らなければ入らないほど、さらに良いお写真を撮り直して男性にアピールをするのです。
彼女たちの強みは、ここにあるのです。
自ら男性にお声がけできない分、女性が男性の目に留まるためには、本当に限られた方法しかないのです。
その手段の一つがお写真です。
花は蝶を追いかけることはできませんが、蝶に留まってもらうために何もしないわけではありません。
その身をあざやかに彩るのか、かぐわしい香りをまとうのか。貴女ならではの魅力を存分にアピールすることこそが、一つのお誘いを得るためには必要ではないでしょうか。

カテゴリー: 交際クラブの仕組み

タグ

PAGETOP