交際クラブは相手ありき

「パパ活」という言葉が流行している今日。
全国に一体どれだけの交際クラブが暖簾をかかげているのでしょうか。
もちろん、人知れずひっそりと営業をしている一見さんお断りの交際クラブも世の中にはございますから、その総数は誰も知らないでしょう。
これほどの数の交際クラブが乱立していると、それぞれのクラブによって、個性的な特色が生まれます。

ですが、どれだけ同業他社との差別化を測って独自のシステムやサービスを提供したとしても、最終的にはどのクラブもある共通したタイプの女性が男性からのご寵愛を受けるのです。
それはどの方もお察しの通り、気立ての良い女性です。

女性は年齢を重ねるごとに、その年代よって異なる美しさを擁するものです。
「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、早い話が根性悪には付ける薬はありません。
まずどの交際クラブであってもご登録をしたとして、最初にちやほやされるのは、見目麗しく容姿端麗な女性でしょうが、どれだけ目の覚めるような美女であったとしても、内面に何かしらの魅力を感じなければ男性もわざわざお付き合いを続けようとは思いません。
「数回会って、連絡が途絶えてしまう」というような、短距離走のようなお付き合いをしか実現しません。

一方、たとえ容姿は十人前であったとしても、ご性格面において申し分のない女性ともなりますと、お誘いの回数こそ見劣りするかもしれませんが、一度会ったが最後、「どういうわけかあの子のことが気になるぞ…」といった風に男性の心を何かしら掴みますから、そこから先のお付き合いは気が付いたら数年も継続していたなんてことはザラにあります。
そこで、さらにプラスして、ご容姿においても目を見張るものがある方ともなりますと、より多くの男性から注目されることでしょう。
ただいきなり性格を直せと言われたところで、どうとでもなるものではございません。

いずれにしても一長一短ではありますが、交際クラブを利用するとなると、相手ありきであるということを忘れてはならないのです。
まずはデートの際にしっかり挨拶をすること。
そして男性から何かをしていただいたのなら「ありがとう」、失礼をしてしまったのなら「ごめんなさい」と気持ちを伝えるということを徹底するだけで、これまでとは違う男性の反応が得られることでしょう。
自分本位に振る舞い、何かをしてもらおうとするのではなく、逆に自分が奉仕の立場に回って男性を楽しませること。
それらを意識することが、継続したお付き合いを築く鍵となるでしょう。

カテゴリー: 交際クラブの楽しみ方

タグ

PAGETOP