あざとい女性が好かれる理由

「あざとい女性」は、女性目線だと、目の上のたんこぶのような存在ですよね。
妙に距離が近かったり、可愛い子ぶっているように見える、この「あざとい女性」ですが、今日に至るまで絶滅していないということは、彼女たちを愛してやまない男性がいるということです。
同性からすると、そんな女性にうつつを抜かしている男性に対して、嫉妬心からか「絶対馬鹿な男に決まっている!」と思い込もうとしがちです。
でもどれだけ、女性側が「あざとい女性」を忌み嫌ったとしても、一方で、けしかけられている男性からすると、まんざらでもないパターンが多いのです。
そして、こんな「あざとい女性」が愛されるのは、交際クラブでのお付き合いでも同じことだったりします。
そんな「あざとい女性」が、男性から愛される理由を探ります。

そもそも、どうして、同じ振る舞いでも、男性と女性でこうも見え方が違うのでしょうか。
「あざとい女性」の行動やしぐさ、そして言動が、どれだけその他の女性からはあざとく見えても、男性からは、とてもかわいらしい小動物のように見えると言います。
ここに、「あざとい女性」が、究極の甘え上手という証明ができるのです。
ただただ、甘え上手と言っても、「あざとい女性」は、誰彼かまわず擦り寄っているわけではありません。
「あざとい女性」は、自分が存分に甘えられる相手をかぎ分ける能力があるのです。
ある意味では、コミュニケーション能力が優れていると言っても過言ではないでしょう。

例えるならば、気まぐれな猫と同じようなものです。
自分を可愛がってくれる人、自分が懐きたいと思った相手に対して、懐いてくる猫を見て、「計算高いなあ」と思いつつも、甘えられた方からすると、「かわいくて仕方ない」と思ってしまいます。
これが、男性側からの心理なのです。
「あざとい女性」はそういったことを熟知しているが故に、思う存分甘えることができるのです。

そういった振る舞いが、積極的にできない人からすると、鼻についても仕方ないかもしれません。
ですが、そういった女性としての評価を決めるのは、恋愛においては、同性ではなく、男性です。

このような女性が愛されるのは、交際クラブでも多々見受けられます。
交際クラブでの出会いは、女性からすれば、一つ一つ、得がたい大切なご縁です。
自分の気持ちに素直になれない、察して欲しいと思いながら生活をしている方は特に、勇気出した行動が必要になる場面もあるかもしれません。
そういった素敵な出会いを成就させるためにも、今度のデートは自分の気持ちに正直になって、「あざとい女性」のように可愛らしく振る舞ってみては、いかがでしょうか。

タグ

PAGETOP