男性目線で考える

恋愛とは、お互いを知っていく作業の積み重ねです。
新しい発見をしていくからこそ、二人の仲がどんどん進展していくのです。
そんなお付き合いの中では、「相手のことを理解する」と同時に、「相手に対して思いやり気持ちを持つ」ということが大切です。
それは、交際クラブでのお付き合いにおいても、同じことがいえるのではないでしょうか。
そして、その思いやりはデートの最中にこそ、真価を発揮します。

 

 

例えば、お店選びの際。
男性がデートにおいて、最も気合いを入れるのが、お店選びです。
特に「外したくない」と思うデートでは、より気合いを入れてお店探しをするようです。
その徹底ぶりは、お相手の女性をエスコートする前に下見をしたり、外したくないあまり、行きつけのお店にしか行かないという方も多い程です。
なぜそれほどまでにお店選びに気合いを入れるのかというと、チョイスを誤れば、その日のデートでl好感触を得られない可能性があるからなのです。
交際クラブでのデートにおいては、男性会員様から女性をお誘いするというシステムの手前、男性がデートプランを組み、レストランやお店をあらかじめ予約をするということが、当たり前のようになっています。でも、外さないお店選びというのは、とても大変なことなのです。
お店自体が、ミシュランでの評価を総ナメにしていたとしても、料理が女性のお好みでなかったら意味がありません。
初対面の相手とデートをするドキドキというものは、女性だけではなく、男性会員様にも共通した感情です。
お店選びには、まだ見ぬ貴女に対する男性からの愛情に溢れています。
デートの際は、ただただ純粋に楽しむだけではなく、「このお店の雰囲気素敵ですね」、「私、こういうの好きだったんです」といった言葉で、さりげなく男性へ感謝の気持ちを伝えることがポイントです。
こういった気持ちを男性に伝えることによって、今後のお付き合いもより良いものに発展していくでしょう。

 

また、お店選びの次に大切なのが、デートの解散時間です。
基本的に男性は、気に入った人であればあるほど、ギリギリまで二人の時間を楽しみたいと思っている方がほとんどです。
良いか悪いかは別として、男性は寂しがり屋さんが多いです。
しかし、それとなくそんな雰囲気を出したとしても、女性が気分ではないと理解ると、無理に引き留めようとする方は、そうそういらっしゃらないでしょう。
なぜなら、「貴女にとって良い男でいたい」という精神が働くからです。
そんな時も、ただ「今日はすみませんが、この辺で……」と言って、そそくさと去るのではなく、「次も是非、ご一緒させてください」といったようなひと言を送るだけで、男性会員様も救われたようなお気持ちになるのではないのでしょうか。

このように、お相手の男性会員様への思いやりの気持ちを持つだけで、より良い関係を築けるようになります。
今回、ご紹介させていただいた例は、ほんの一部にすぎませんが、多くの場合において、男性目線で物事を考えることによって、素敵なお付き合いが出来るようになるのかもしれませんね。

カテゴリー: デートのマナー

タグ

PAGETOP