過程を楽しむ

交際クラブで出会った好意を持っている女性と、
初デート後に2回目のデートを約束したとします。

しかし、当日になり急にドタキャンされたら、こんなに悲しいことはありません。

「女心は気まぐれ」とよく言いますが、
その女心には、「女心の特有の理論」が秘められています。

今回は、「デートをドタキャンされない方法」と「その女性の心理」についてご紹介させて頂ければと思います。

女性は楽しいことがとにかく大好きです。

好奇心旺盛で、色々なことに興味を持ち、楽しみたい!と常に考えています。

その中のひとつに「デート」があるのです。

女心としては、たくさんある楽しいことの中で、
デートがどれだけ楽しい要素を秘めているかによって、
デートに行くか行かないか決めるポイントにしています。

もしも、デートを約束していた当日に、
デートよりも楽しそうなイベント等が入ってしまうとしたら、
女性は貴方とのデートよりも迷わず他のイベントを選んでしまうことでしょう。

女性がデートの当日にドタキャンをするのは、
大抵の場合、このケースが多いのです。

もちろん、貴方とデートをするということに気が進まなくなったということも理由かもしれませんが・・・。

では、デートをドタキャンされないようにするには、どのようにすれば良いのでしょうか。

なんら難しいことはございません。

まず、2回目のデートの約束をしたからといって安心してはいけませんね。

女性に、「デート当日が待ち遠しいわ!」と思ってもらえるくらいのインパクトを与え、
デートの当日までに、盛り上げる努力をすることが大事なのです。

これが、デートをドタキャンされないためのコツです。

具体的にはどのような方法が有効なのかと言うと、
一番簡単なのは、デートの当日までに、マメにメールや電話をするなどして、
連絡を取り合うことです。

女性に、「どんなデートを計画している」、
「どんなデートになりそう」ということを伝え、
想像させることが大切です。

女性を扱い慣れていない男性にありがちなのは、
デートの約束だけして、当日まで連絡を取らないことです。

女性と、当日までに連絡をとらないでいると、
女性も新しい予定を入れてしまう可能性が高くなります。

そして、女性にデートを心待ちにさせる最も有効なことは、
一緒にショッピングに行き、彼女が欲しいものをプレゼントしてあげることです。

さりげなく、欲しいものを聞き、
「じゃあ、当日は一緒に選びに行こうね。」と伝えるだけでいいのです。

そして、お買い物の途中で、
ブルガリやグッチのハイブランドカフェやバーで、
エスプレッソとデザートまたは、シャンパンとイチゴや簡単な前菜などを一緒に食べるなどして、
あなたとの時間を満喫させてあげてくださいね。

こういったカフェやバーでは、
たとえ女性が「飲み物だけでいい。」と言ったとしても、
必ずデザート等も注文してあげましょう。

もちろん、「残しても良いからね。」という言葉も忘れずに添えてあげてください。

とにかく、女性を「もてなすこと」と「レディファースト」を心掛けて下さいね。

そして、彼女の欲しいものをプレゼントしたら、
美味しいディナーへ連れて行ってあげましょう。

最後まで手を抜かないことが大切ですよ。

女性は何事も過程を楽しみますので、
過程を楽しませてあげなければ、女性の心は永遠につかめません。

素敵な出会いが訪れる交際クラブで是非、
恋愛への心躍るプレリュードを味わってくださいませ。

カテゴリー: デートのその後

タグ

PAGETOP