交際クラブを利用する際気をつけたい初対面のマナー

男女の関係を構築していく上で、初対面の印象が重要になるのは言うまでもありません。
特に交際クラブでは、第一印象はとても大切です。

男性側は女性の容姿などを知った上で会うことができますが、女性はその日初めて自分のデート相手がどんな人物か知ることになります。
女性にとっては、まさに初めて会った瞬間がファーストインプレッションを抱く瞬間になるわけです。
男性側としては、当然ながら初めて会う瞬間から好印象を抱いてもらいたいところ。
どんな人だろう、と期待や不安を抱えた女性に好意的に見てもらうためには、初対面での印象づくりには一層気を使わなければいけません。
ここでは、初めてのデートからその後に確実に繋げていくために役立つ、初対面のマナーについてご紹介します。

まずは、パパ活に必要な初対面のマナーについて。
個人差はあるものの多かれ少なかれ緊張しているはずの女性と会うにあたり、ぜひとも押さえておきたい初対面のマナーにはどんなものがあるのでしょうか。
社会人としての基本からパパ活という関係性ならではのポイントまで、具体的に見ていきましょう。

交際クラブを利用する際気をつけたい初対面のマナー-1・事前の準備はしっかりと

初めてのデートの前には、しっかり準備して臨むのが基本です。
たとえば、食事をするお店はきちんと予約しておきましょう。
会ってから入るお店を探してうろうろするのは、ある程度関係が構築されてからならともかく、初対面の男女としてはなかなか気まずいものです。
その他デートとして訪れる予定のお店があれば、あらかじめ連絡をして休業日ではないかなどの確認もしておきたいところですね。
また女性へのサポート内容についても、実際に会う前に詳細を決めておきましょう。
事前に確認しておけば、デートの予定も立てやすくなります。

お買い物に行きたい、欲しいものがあるなど女性側からの要望もあるかもしれませんから、それも踏まえてデートプランを立てましょう。
サポートは会ってすぐに渡した方が喜ばれますが、初対面ということで不安を感じる場合には、約束通りのものを渡す意思はあることだけでも最初にはっきりと伝えておくと相手にも安心してもらえます。

・敬語で話す交際クラブを利用する際気をつけたい初対面のマナー-2

交際クラブを通じて出会えるのは若い女性ばかり。
自然と気安い心持ちになり、くだけた口調になってしまいがちです。
ですがここはお互いちゃんとした大人として、敬意を持って丁寧な言葉遣いで話すようにしましょう。
お相手の女性が敬語は無しの方が良いという方であれば本人からそう伝えられるはずですから、最初は敬語から入りましょう。

・プライベートには深入りしない

一般的な恋愛と違い、パパ活においてはプライベートには深入りしないのが大前提です。
お互い立場や社会的地位というものがありますから、それをおびやかすことのないよう、個人情報やプライベート過ぎる事柄に踏み込まないのがマナーです。
敬意を持って接する、プライベートには踏み込まない、事前準備を怠らない…並べてみるとごく当たり前のようなことばかりですが、女性の気持ちを射止めるには基本をしっかり押さえるのが大切。

パートナーとなる女性と良い関係を構築していくためにも、是非いま一度意識してみてください。

カテゴリー: 交際クラブの楽しみ方

タグ

PAGETOP