依存しない恋愛

恋愛において、相手を好きと思う気持ちは、抑えようと思ってもなかなか抑えられないもの。
「私は、こんなに好きなのにどうして、分かってくれないんだろう……」なんて思う女性も多いのではないのでしょうか?
しかし、あまりにも相手に依存しすぎてしまう恋愛は、かえって破滅を導いてしまう場合が多いです。
依存しすぎる恋愛は、よく言えば、愛情深い恋愛と言えますが、お相手に「重すぎる」と感じさせてしまいます。
そして、男性はこういった「重い女性」は苦手と思う方が多いようです。
恋愛とは、自分と相手の愛情が釣り合っていないと成り立ちません。
どちらかに過不足があれば、「愛情が薄い」、「期待が重い」と思われかねないと言っても、過言ではありません。
愛情を注がれたら、同じレベルのもので返さないと意味がないのです。
特に男性は、「この子のことを幸せにしてあげないと」と思う奉仕の気持ちが強く、過度の期待を寄せられると、委縮してしまう方が多いようです。
そこを更に女性から詰め寄ってしまうと、男性を更に追い込むことになってしまいます。
ここで大切になってくるのが、適切な距離を保つということです。
あまりにも距離が近すぎると、男性に要らぬプレッシャーを与えかねません。
しかし、相手に依存しすぎる女性にありがちなことは、頻繁に連絡のやり取りをしたがったり、暇さえあれば常に一緒に過ごしたいと思う傾向にあるようです。
これでは、男性も疲れてしまいます。
特に交際クラブの男性は多忙な方が多い分、女性の期待に応えることが難しい方がほとんどです。
女性も男性の立場を理解し、何か別の気晴らしを見つけると良いでしょう。
そして、「期待しすぎない」といった点も大切になります。
恋愛においての最大の弊害は、相手が自分の思い通りに動いてくれると思い込むことです。
この場合、そういった働きが見られなかったときに、裏切られたと感じる人が多いからです。
また、このようなケースにおいて、イライラしてしまうと感じる場合は、はじめから期待しないように心がけると良いでしょう。
それでは虚しいと感じてしまう女性もいるかもしれませんが、意中の男性とより良い関係を続けるには必要なことです。
貴女も男性に依存し過ぎず、適度な距離感でお付き合いをしていきましょう。

カテゴリー: 交際クラブの楽しみ方

タグ

PAGETOP