愛されるワガママ

異性から愛されたいと思う欲求は、誰にでもあるものです。
素敵な人と巡り合えたら、愛し愛されるような関係になれたら・・・と願う女性も多いことでしょう。
しかし、交際クラブの出会いは、秘密の関係と言えます。
お相手の男性には、守るべき家庭や仕事などがある方がほとんどです。
そういった面で、分をわきまえた言動や行動は慎むべきと言えなくもないですが、自分の感情を押し殺しすぎるということもよくありません。
恋愛は、ギブアンドテイクです。
一方が尽くしすぎても、尽くされすぎても、もう一方のフラストレーションが溜まるだけです。
しかし、世の中には、そんなワガママが許される女性も、少なからず存在します。
「ワガママ」と言うと、なんだか聞こえが悪いですが、恋愛においては、ワガママに振る舞うことが、却って都合の良い場面があるのです。
何故なら、その「ワガママ」が、男心をくすぐっているからです。
男性は、気になる女性であれば、願いを聞き届けてあげたいという気持ちを持っています。
例えばそれが、傍から聞いていると思わず口が開いてしまうような無茶ぶりでも、「出来ることならば、なんとかしてあげたい!」という気持ちが少なからず働くそう。
それは、単純に女性の喜ぶ姿を見たいからという純粋な気持ちに他なりません。
しかし、すべての男性が女性の無理な要求を受け入れるわけではありませんし、いきなりワガママを言っても、ただただ相手を閉口させかねませんので、そういった関係に至るまでに、ある程度は親しい間柄になることが大切と言えるでしょう。
意外にも、適度に自分の意志を主張した方が、男性にとって好まれる傾向があります。
女性は意見を求められた場合、「言わなくても、なんとなく察してほしい」、「どちらでも良いよ」等とあいまいな回答をすることが儘あります。
しかし、それに対して男性は、「ハッキリ言ってくれないとわからない!」と思う方がほとんどのため、しっかりと自分の気持ちを伝えてくれる女性の方が、楽に付き合えると考える男性も少なくないのです。
もちろん、男性から好まれるワガママは、思いやりや気遣いなくしてあり得ません。
男性から愛される女性になるためには、奥ゆかしく、淑やかに振る舞うことも大事ですが、時としては、自分の考えや要求をちゃんと伝えることが、より良いお付き合いをする上で大切なプロセスになると言えるでしょう。
貴女も是非、思っていることを男性に打ち明けてみて下さい。
今まで遠慮して言えなかった気持ちを伝えるだけで男性は新鮮な気持ちになるかもしれません。

カテゴリー: デートのその後

タグ

PAGETOP