淑女のテーブルマナー

交際クラブでのデートは、お二人の初めてデートをセッティングさせていただきます。
そんな初デートは、お茶やお食事のデートが多く、普段行くことのないような高級なお店でのお食事が楽しみといった方も多いのではないのでしょうか。
ですが、そういった格式高いお店に行くことで付きまとってくる問題は、「テーブルマナー」です。
しかし、急にテーブルマナーを身につけるのは難しいことです。
そんなお食事の席で、抑えておきたい基本的なマナーをお教えします。

○ 椅子の座り方
通された席には、左側から座りましょう。お手洗いなど離席する際も、左側から出入りします。
椅子に座ったら、深く腰掛けて背筋を正すことが大切です。
姿勢を美しくすることによって、相手の方への敬意を表すことができます。
ハンドバッグなどもの席まで持ち込みを許されたものは、右下に置きましょう。
これは、左側からお料理が運ばれてくるので、その妨げにならないようにするためです。
小さいものでしたら、膝の上に置くのも良いでしょう。
その上にナプキンをかぶせても大丈夫です。

○ お食事の前には口紅を落とす
お食事の席で食器に口紅がべったり着くのが気になる、という方も多いでしょう。
ここでポイントとなるのが、お相手の男性の前でオフしてはいけないということです。
もちろん、真っ白な布にべったりと口紅を付けてしまう行為は、美しくありませんので、備え付けのナプキンでオフすることもいけません。
また、グラスなどに口紅がついた際も、指でぬぐうと割れる恐れがあるので、NGです。
これらは、おもてなしをして下さるお店側への配慮であると言えます。
お食事の前には、お手洗いなどで、ティッシュオフすると良いでしょう。

○ ナイフやフォークの使い方
あらかじめ、ナイフやフォークがセットされているお店では、外側から順に使いましょう。
お食事の途中で、手を止める際は、お皿の上でハの字に置くと良いでしょう。
食べ終えた際は、お皿の奥に揃えて置きます。
この時、左側のスペースを開けて、次のお料理が運ばれる際の妨げにならないようにすることもポイントです。

大切なのは、お相手の男性やお店のスタッフの方への気配りを忘れてはならないという点です。
ですが、最も大切なのは、お食事を美味しくいただくということです。
テーブルマナーには沢山のお約束があります。
女性として、抑えるべき最低限のマナーを抑えて、素敵なデートにしてくださいね。

カテゴリー: デートのマナー

タグ

PAGETOP