お金を使うのが嫌だなと思う女性

交際クラブに在籍していらっしゃる男性会員様は、好きになった女性会員様には惜しみなく愛情を注いでくださいます。
彼女の喜ぶ顔を見るためなら、いくらでも出費は惜しまないという方も多くいらっしゃいます。
しかし、そんな方でも、「この子にお金と時間を使うのは嫌だな」と思う女性が極稀にいらっしゃるそうです。
要するに「尽くしがい」がないといった女性です。
では、どのような女性が、そのように思われるのでしょうか。

【あきらかに自分に好意を抱いていない女性】
自分に対して本気ではない女性に尽くす男性はいらっしゃいません。
女性よりも他人にご馳走するといった場面が多い男性にとって、お財布代わりにしようと思っている女性の気持ちは見え透いているというものです。

【自分との時間を楽しんいる様子がない女性】
男性が女性に尽くすのは、女性の喜ぶ顔が見たいからです。
デートの最中、楽しそうではなかったり、反応が薄い女性には、男性も尽くしがいがないなと思うよううです。
また、男性から食事をご馳走になった際に、食事の味に文句を言うといった発言もNGです。
交際クラブでのデートは、基本的にお茶やお食事などのデートからスタートしますので、男性からご馳走していただく機会が多いと言えます。
その際に、お金を出していない女性から料理の文句を言われて、気分が良くなる男性は居ないでしょう。
味付けなどが好みでなかったとしても、男性からご馳走していただいた際はきちんとお礼を伝えましょう。

【まだまだ遊びたりないという女性】
これは、若い女性に顕著な例ですが、結婚願望や将来の具体的な目標もない女性には、尽くす気が無くなると思う男性が多いようです。
男性からすると、遊びたいという気持ちの強い女性は、他に良い条件の男性が現れたら、そっちになびく可能性があるのではと懸念するそう。
長期的なお付き合いが出来そうにないと思う女性に、お金を使いたいと思う男性はいません。
また、将来に対しての夢やこれからの人生設計が定まって居ない方でも、何か新しい目標を決めると良いかもしれません。

【すぐにタクシーを使おうとする女性】
ちょっとした距離でもすぐにタクシーに乗りたがる女性も、男性はあまり良い印象を抱かないそうです。
交際クラブを介したデートの場合、お食事代や交通費は男性が負担することになります。
そういったデートで、不必要な場面でもタクシーに乗ろうとする行為は、男性への金銭的負担を強いることになるので、NGであると言えます。

こうしてみると、デートの際に楽しそうにしていなかったり、男性会員様の出費を考えないような行動は慎んだ方が良いそうです。
デートの際は、わがままに振る舞うのではなく、しっかりお礼を伝えるなど、謙虚に振る舞うことが大切です。

カテゴリー: デートのマナー

タグ

PAGETOP