女性にモテる「ダンディ」なおじさまとは?

ひとまわり以上年上の男性に対して、若い女性が憧れを抱くのは「ダンディ」で「紳士」な男性です。
若い女性は、周りにいる同世代の男子には無い「大人の余裕」だったり、スマートで世慣れた印象の男性に「ダンディズム」を感じるのではないでしょうか。
しかし、容姿がどんなに整っていても中身が残念な男性は「ダンディ」とは言わないものです。
大人の男性は若い女性から「ダンディ」と思われるか、「おじさん臭い」と思われるかのどちらかと言っても過言ではありません。

仮に見た目がとても好みの異性だったとしても、中身が伴っていないと台無しなのは男も女も同じことです。
見た目が好みではなくとも、立ち居振る舞いや内面に惹かれると興味を引かれるでしょう。
意中の女性に「おじさん臭い」と思わせずに「ダンディズム」をアピールできれば恋人になるのはそんなに難しいことではありません。
モテる大人の男性はどこか「ダンディズム」が備わっているものです。

ではどんな行為が若い女性に「おじさん臭い」と思わせるのでしょうか。
それは「古さ」に他なりません。
実は男性の行動に前時代的な「古さ」を感じると女性は引いてしまうものです。
一度「おじさん臭い」と思われてしまうと、意中の女性もなかなかなびいてはくれません。

例えば「親父ギャグ」や「ダジャレ」は昭和の香りがするのでいただけないです。
若い女性には馴染みが無いので控える方がいいでしょう。
おしぼりで顔や首を拭いたり、食事の後に爪楊枝を使ったりするのも「おじさん臭い」と思われがちです。
清潔にしているつもりが逆に品が無いように見えるので、どうしても女性をガッカリさせてしまうようです。
食事の席で大きなクシャミをするのも同様にガッカリさせてしまうようですが、生理現象は避けられませんので、せめてハンカチやナプキンで口を抑えるなどしてなるべく清潔感を出しましょう。

逆に、食事の際に「スマート」で「紳士」だということをアピールできれば女性に好印象を与えられます。
若い女性にはあまり馴染みの無いコース料理などで、ゆっくり食事を楽しみながら会話をしてみてはいかがでしょうか?
自分の話よりも女性の話を聞く体で会話を進めていけば「年上なのに私の話を聞いてくれる」と好感を持たれます。
上手にエスコートできれば、女性は「ダンディなおじさま」と思ってくれるものです。
いつもきちんとしたスーツを着て、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

タグ

PAGETOP