「イケメンでも付き合いたくない」と思われてしまう男性とはどんな人でしょうか?

「見た目がいい男性はモテる」と思われがちですが、女性側からすると「見た目がいいからこそ付き合いたくない」と思われしまうこともあります。
女性がみんな「イケメン」が好きだとは限らないのです。
一例として、見た目が良い男性の方が注目される分、見た目に自信が無い男性よりも「欠点」が目立ってしまうからということがあげられます。
たとえば、女性にモテるがゆえに周りからチヤホヤされていたとします。
そういう人ほど、ほんのささやかな悪事…例えば道端でタバコをポイ捨てしたとか、レストランの給仕の方にクレームを言ったとか、誰かに見られていようものなら印象が悪く、その話に尾ヒレがついて周りに伝わってしまいます。
これはなんとなく「イケメンは性格が悪い」という先入観があるからにほかなりません。

女性に置き換えるとよくおわかりいただけるのではないでしょうか。
容姿の良い女性は「チヤホヤされるからワガママで高慢」というイメージはないでしょうか?
なんとなく「性格が悪いに違いない」という先入観で話してみると、容姿の良い女性ほど素直で可愛らしく、いい意味で拍子抜けすることがあります。
逆に、性格が悪いと「やっぱり」と思ってしまうのではないでしょうか?
イケメンも同じことで、見た目が目立つため少しでも印象の悪い行為をするとマイナスイメージが増幅されてしまうのです。
つまり容姿の良い男性は「良い人」でないと叩かれる傾向にあります。
容姿が良いゆえに逆に損をしていることが意外とあるのです。

それに対し、容姿がイケメンと言われるわけではない男性は、見た目だけで良い印象を与えられることはあまりありません。
極端に言えば、実は初対面がマイナスであればあるほど、付き合っていくうちに自然とプラスになっていくという素晴らしい効果があるのです。
第一印象が普通である男性が良いことをすると、どんなにささいなことでもとても良い印象を与えます。
「イケメン」はプラスからのスタートですが、何かマイナスなことがあると、一気に低い評価になってしまいます。
ですが、イケメンではない男性の場合、その逆の効果があるのではないでしょうか。
取り立てて良い印象を持っていなかった男性が、とても優しかったり、さりげなく男らしさを感じさせてくれたりすると、その男性の魅力が一気にプラスになります。
かと言って、イケメンが人間関係を円滑にしようとするあまり、誰に対しても聖人君子でいようとすると 「八方美人」、「自意識過剰」などと言われたりする事もあります。
容姿の良さだけが、女性から良い印象をもたれるとは限りません。
交際クラブでは特に、男性の容姿よりも「さりげない優しさ」や「何気ない気遣い」に大人の男性の魅力を感じ、憧れる女性がたくさんいます。
ご自身の容姿だけに目を向けるよりも、内面からあふれる男性的魅力で若い女性を悩殺してくださいね。

タグ

PAGETOP