交際クラブに入会している男性

交際クラブへの登録を検討している女性の中には「本当にVIPな人ばかりなの?」と疑問に思っている方もいると思います。
信じるか信じないかは貴女次第ではありますが、私が把握できる限りですと、交際クラブへ入会する男性は余裕のある方がほとんどです。
具体的なお話をしますと、入会を検討している男性から「既婚者で、年収が800万くらいしかないんですけど、利用することは可能ですか・・・?」と言われたら、「うーん・・・」と考えてしまうくらいと言うと想像しやすいでしょうか。

まず、既婚男性が800万程度だと「交際クラブで楽しく遊ぶ」という論点においては、ギリギリのラインなのです。
正直、年間800万程のお金を稼ぐことは簡単なことではありません。
日本の年収の平均は約440万円といわれていますが、交際クラブに登録に来る女性は、そこまでの年収がない方がほとんどでしょう。
販売員や保育士、一般事務などの仕事になると、手取りが14万~16万前後の女性もザラにいます。
平均年収の倍近い額の収入がある既婚男性ですら、交際クラブで楽しく遊ぶことは容易ではないのです。
もちろんその方が独身男である場合は、自由に使えるお金が既婚者の男性よりは増えますので、話は変わってきます。
交際クラブに入会している男性は、きちんと倶楽部からの説明を受けた上で、自由に使えるお金とかかる費用を計算し入会を決めますので、「VIPじゃない方を紹介されたら嫌だな」という女性からの心配に関しては、全く問題ないといえるでしょう。

しかし、「男性が貴女にどれだけ尽くしてくれるか」がVIPであることの判断基準となるなら、それは大きな勘違いです。
男性は俱楽部にお金を支払い、慈善事業をしているわけではありません。
お会いした「全ての」女性に「必ず」何かをしてくれるというわけではないのです。
デートをして、「この人、あまり持ってなさそう」、「付き合うメリットがなさそう」、「私の理想とは違う人だな」などと男性を値踏みする女性も中にはいるかもしれません。

しかし交際クラブに入会している男性は、決して「お金を使いたくない」わけではなく、貴女に対して、「何かしてあげたいと思わなかった」、「魅力を感じなかった」ということなのです。
交際クラブ関連のポータルサイトでは、「○○倶楽部はVIPな人がすくない」、「どこにでもいそうな会社員みたいな人を紹介された」などという書き込みを目にすることがありますが、せっかくの出会いに感謝できないような女性は、男性からも必要とされないのが現実ではないでしょうか。
男性から尽くされ、そして愛される女性は、男性にはもちろんのこと、倶楽部にも謙虚な気持ちを忘れません。
その謙虚な振る舞いがあるからこそ、男性も「何かしてあげたい。」と自然と思うようになるのではないでしょうか。
貴女はどのような振る舞いをしていますか。
もう一度、心に手を当てて考えてみてください。
運命的な出会いがあるよう心から祈っています。

カテゴリー: 交際クラブの楽しみ方

タグ

PAGETOP