TOP > コンテンツ > 癒し系のメールテクニックとは?

癒し系のメールテクニックとは?

年上の男性は、女性との交際に「ときめき」と「癒し」を求めている場合が多いものです。
いつまでもドキドキさせてくれて、時には安らぎを与えてくれる女性は魅力的です。
特に「癒し系の女性」は人気があります。
仕事や人間関係でストレスを感じると、可愛らしい女性に癒されたいと思うのは男性の本能かもしれません。

しかし、交際クラブに登録している男性会員様は地位も名誉もある方がほとんどです。
せっかくお付き合いがスタートしても、男性のお仕事が忙しすぎてなかなかデートできないということもままあります。

そんな時は、気持ちが離れてしまわないよう、メールやLINEで男性の心を繋ぎとめておきたいところです。
メール(LINE)は男性に会えない時こそ「癒し」を与える事ができるツールです。
どんなに男性が忙しくても、メールなら仕事の合間に見てもらえるからです。

では、どんなメール(LINE)の文章だと男性が癒されるのでしょうか?

思いやりのあるメール(LINE)

やはり、多忙な時こそ「頑張って」などの励ます文章は効果的です。
思いやりがあふれるメール(LINE)は、誰だって嬉しいものです。
男性が仕事で忙しい時に、疲れやストレスを気づかうようなメール(LINE)をするとに喜ばれるでしょう。
「忙しいだろうからお返事はいらないよ」など、返信を催促しないとさらに好感が持てます。

こういった気遣いは男性も「自分を理解してくれている」と感じられて心が和みます。
たとえ会わなくても、メール(LINE)で「あなたのことを想っている」とアピールする事で、より気持ちが深まっていくのではないでしょうか?

ほどほどの連絡回数

ただし、相手が多忙ななかたくさんメール(LINE)をするのは逆に煩わしいと思われるので、「ほどほどに」が肝心です。
1日に何度もメール(LINE)するよりも、毎日1、2通の短いメール(LINE)をする方がより心に響きます。

内容は簡単でもOK

また、メール(LINE)の内容は簡単な「おはようメール(LINE)」「おやすみメール(LINE)」だけでも嬉しいものです。
二言三言の言葉でも「メール(LINE)をする」という行為が愛を感じさせるからです。
「お仕事が落ちついたら連絡してね」「デート楽しみにしてるよ」など、男性と次に会えるのを心待ちにしていることを強調するとより気持ちは伝わります。

男性も、女性が楽しみにしてくれていると思うと早く会いたいと思うものです。
ぜひ会えない間はメール(LINE)で愛を深めて、久しぶりのデートの際は思い切り楽しんで下さい。

PAGETOP